バンド向けの作曲ソフト【無料なのに即戦力!今すぐ始めるバンド作曲】

 バンドで曲を作りたいけど、どんなソフトを使えばいいか悩んでいませんか?

 初心者でも扱いやすく、気軽に始められる無料で高品質なソフトはないものかと悩まれる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、曲作りの即戦力になるおすすめの無料作曲ソフトをご紹介します。

■おすすめの無料作曲ソフトは「Studio One 3 Prime」

 市販の作曲ソフトは高機能かもしれませんが、値段が高いですし、使い方も複雑です。初心者の方が高いお金をかけて導入しても、途中で挫折してしまうこともあります。しかし、無料のソフトだと性能が悪く、不満に感じることもあると思います。

 そんな方には、プロも使用している定番ソフトの無料版作曲ソフト、「Studio One 3 Prime」を強くおすすめします。

 無料とはいえ、上位版ゆずりの機能を誇る、高品質な作曲ソフトです。大体の作曲ソフトについている機能はほぼ網羅しています。主要なエフェクトも初めから入っているので、とても便利です!

 MIDIで曲を打ち込んで、ささっとデモ音源を作れますし、録音機材があれば、自分のギター、ベース、ドラムなどの演奏をそのまま録音できます。アンドゥ・リドゥ機能がついているので、間違えた場合でも、前に戻ってすぐやり直せます。

 まずは、この無料版で十分作曲が楽しめます。より機能の充実した有料の上位版が欲しい場合にはアップデートを検討すると良いでしょう。

 「Studio One 3 Prime」のダウンロードはこちら
 ↑「Primeの入手方法」に記載されている手順に従って、無料で入手できます。

■曲のクオリティを決める?!重要な「ドラム音源」

 曲を打ち込む場合に、一番気を使うのがドラム音源です。特にロック系の曲では、ドラムが肝になります。どんなにアレンジが格好良かったり、ギターの音色が素晴らしくても、ドラムのクオリティがイマイチだと、完全にぶち壊しになってしまいます。

 ドラム音源は、様々な会社からリリースされていて、高価なものだと数万円もしてしまいます。ドラムが重要なパートだからこそ、それだけの需要があるのです。

 しかし、まだ慣れないうちから高価なドラム音源を買うのは少し危険です。でも、無料のドラム音源は音が悪い可能性もあり心配ですよね。

 そんなあなたにおすすめなのが、無料のドラム音源「MT-PowerDrumKit」です。これは、有料音源にひけを取らない高いクオリティのドラム音源です。

 何も考えずに単純に打ち込んだだけでも、十分リアルに聴かせることが可能です。「MT-PowerDrumKit」を使えば、曲の良さを損なうことなく、格好いいドラムフレーズが打ち込めます。

実際の音は、下記動画で確認してみてください。

 「MT-PowerDrumKit」のダウンロードはこちら

■まとめ

 無料のソフトを使っても、ハイクオリティーの曲が作れてしまう現代。すごい時代だと思います。皆さんも、今すぐにこれらのソフトをインストールして、どんどんインスピレーションを形にしましょう!