代表的なJ-POPのコード進行【カノン進行、王道進行、小室進行】

J-POPの代表的な3つのコード進行(カノン進行、王道進行、小室進行)を紹介します。このコードを使用して曲を作れば、簡単に名曲っぽい曲を作ることができます。

1.代表的なコード進行

(1)カノン進行 |C|G|Am|Em|F|C|F|G|

卒業式でお馴染み、クラシック曲「カノン」と同じ進行です。聴いてみると「ああ、これか!」と一瞬で分かると思います。ベースが1音ずつ降りていくのが特徴的で、このコード進行を使えば、簡単に日本人が大好きな感動的な演出をすることができます。

「愛は勝つ」「負けないで」「TOMORROW」「勇気100%」「守ってあげたい」「さくら(独唱)」「翼をください」「明日への扉」「さくらんぼ」など非常に多くの曲で使われています。

 

(2)”王道”進行 |FM7|G7|Em7|Am|

近年の売れ筋ポップスに非常に多いため、”王道進行”と呼ばれるようになったとか。特徴は間に置かれたEm7のコード、ここにアクセントが置かれます。インパクトが強いので主にサビで使われます。アニメソングの「コネクト」のように曲全体が王道進行で出来ている曲も少なからずあります。

開始のFコードは少し不安定(サブドミナント)であるとされ、そこから安定のAm(トニック)への解決が日本的で情緒があり、爽快に感じる理由です。

「瞳を閉じて」「ロビンソン」「White Love」「LOVEマシーン」「Everything」「Fragile」ほか、J-POPは王道進行で出来ているのでは…と思えるほど、あらゆる曲で使われています。

(3)”小室”進行 |Am|F|G|C|

音楽グループ「TM NETWORK」を経て、大プロデューサーへと名を馳せた小室哲哉氏が多用した進行です。

「会いたかった」「言葉にできない」「残酷な天使のテーゼ」「フライングゲット」「WOW WAR TONIGHT」「千本桜」「愛唄」「青いベンチ」「Get Wild」などが主な使用曲になります。

 

2.コード進行は、「音の3大要素」の1つ

コード進行は曲を作るのに欠かせない要素です。しかし、どのようにしてたくさんあるコードからコード進行を組み立てていけばいいのでしょうか?

そして、まず、コード進行とは何でしょうか?

学校で習う「音楽の3要素」というものがあります。「メロディー/リズム/ハーモニー」の3つです。コード進行は最後のハーモニーに当たります。いちばん目立つメロディーを支える「影の下の力持ち」であり、曲全体の雰囲気や構成を決める大事な要素です。バンドにおいてはギターやキーボードが担当するセクションになります。

コード進行は「縦軸」「横軸」からできています。

「縦軸」は、その瞬間にどんな音が鳴っているかになります。例えば、Cなら「ド・ミ・ソ」、Amなら「ラ・ド・ミ」になります。

「横軸」は、コードの種類・順序を流れで追ったものです。この横軸の変化のバリエーション=「コード進行」をどうデザインするかによって、その曲が楽しい感じなのかドラマチックなのか悲しげなのか、と基本的な雰囲気設定・性格づけができます。

コード進行には、いくつか決まった「鉄板パターン」があります。まずは、上記で紹介したようなパターンを覚えてしまい、徐々に自分好みの変化をつけていく、というのがベターな方法でしょう。