「Electri6ity」最もリアルで、即戦力なギター音源【おすすめです!】

今回は、私が愛用しているギター音源「Electri6ity」を紹介します。ジャンルにもよると思いますが、楽曲のクオリティは「ギター」と「ドラム」で決まると言っても過言ではないと思います。私の経験上、打ち込みでは、とりわけその傾向が強いようです。

特に、打ち込みでの再現が最も難しい楽器が「ギター」です。いかにも打ち込みな、しょぼい演奏になりがちで、楽曲クオリティ低下の根本原因になっていると感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな方にイチオシしたいのが「Electri6ity」です。まさに、ギター打ち込みで悩んでいるDTMerの救世主といえる音源です。

1.「8種類」の有名なギターを使い放題!

20150330_electri6ity_5
※2バージョンあり(左・・・内蔵エフェクト付き  右・・・クリーン)

ELECTRI6ITYには、なんと8種類の有名なギターが収録されています。一般的なギター音源は、1音色しか収録されていないのが当たり前です。これだけでもかなりお得です。しかも、収録されているのはどれも有名なギターばかりです。

・レスポール
・ストラトキャスター
・テレキャスター
・リッケンバッカー
・ダンエレクトロ
・リップスティック
・ES335
・L4
・P90

これだけ多くのギターが収録されているため、曲の雰囲気やジャンルに応じてギターを切り替えることができます。”ジャキジャキ”した歯切れのよい音がほしいから「テレキャスター」を使いたいとか、クリーンで太い音を出したいから「レスポール」を使いたいなど、ギター演奏の幅が大きく広がります!

ELECTRI6ITYの音色は、すべてDIを通したクリーンなサンプルが収録されています。ELECTRI6ITY内臓のエフェクトを手軽にかけることもできますし、お好みに応じて外部のアンプシミュレータ(GuitarRigやAmplitubeなど)をかけて、細かい音色づくりも可能です。

楽器としては、おすすめの内蔵エフェクトがかけられたバージョン(Amped)クリーンなバージョン(DI)を選ぶことができます。私は、即席で演奏させる場合は、前者の内部のエフェクトで済ませることがありますが、多くの場合は細かく音作りしたいので後者を選んで、外部でEQやGuitarRigを使って音色づくりをしています。

2.多彩な奏法を収録し、「生ギター」を徹底再現

20150330_electri6ity_6

Electri6ityの音色は、次の形式で多数のサンプルが収録されています。もちろん、ピックアップの位置アップ、ダウンストロークにも対応しています。

サンプル収録形式:24bit/44.1KHz、24,000個以上(1ギターあたり)
ピックアップ:3種類(フロント、リア、ミックス)
ストローク:ダウン/アップ

生ギターを打ち込みで再現するために必要な、多彩な奏法にも対応しています。

・サステイン
・ミュート(通常、ハーフ、デッド、ハンド、パーム)
・ゴーストノート(Clean/Dirty)
・ハーモニクス(オクターブ、5th)
・ノイズ(リリース、スライド(アップ/ダウン)、ピック、フィンガー(ノーマル/ショート))
・ハンマーオン/プルオフ
・スライド(1フレット(アップ/ダウン)、2フレット、自由なスライド)
・トリル(半音/全音)
・トレモロピック
・FX(スクリーム、スクラッチ、ワーミーなど)

ミュートだけでも5種類も収録されています。ベロシティを弱くするだけで簡単にミュートを入れられます。それ以外の奏法についても、対応する鍵盤を押すだけで切り替えられるので、使いやすいです。

普通に打ち込んだだけでも十分リアルですが、ミュートなどの奏法を適度に入れると、よりリアルになります。

3.Electri6ityを使用した演奏例

参考になる動画がありますので、ご覧ください。

信じられないくらいリアルですよね。感動モノです!

私はギターのデモ動画をこれまでたくさん見てきましたが、ここまで高い再現度を誇るギター音源はElectri6ity以外に見たことがありません。ソロ演奏からバッキングまで、幅広く対応できるギター音源はElectri6ity以外にないと思います。

4.Electri6ityの画面構成

Electri6ityはKontaktで読み込ませて使います。用途別に、4つのページが用意されています。

(1)パフォーマンス(Performance)ページ

20150330_electri6ity_1

メインのページです。基本的にこの画面のみで大丈夫です。

バーの高さを調整することで、ギターの基本設定(音程、音量、ピックアップの位置、ビブラートのタイプ、ノイズの音量など)を視覚的に変更できます。

現在の奏法や、演奏中のコード名もリアルタイムに表示されます。細かなところまで気が利いています。

(2)エフェクト(Effects)ページ

20150330_electri6ity_2

内部でエフェクトをかけたい場合に使うページです。

ディストーションやアンプ、フェイザー、コーラス、フランジャー、リバーブ等が用意されていて、自由にセッティングできます。エフェクトのつながりも視覚的に確認できます。

使い慣れたVST(EQやGuitarRigなど)を持っている場合は、ソフトの外部でエフェクトをかけると良いと思います。

(3)フレットボード(Fretboard)ページ

20150330_electri6ity_3

現在、どの弦のフレットを押して音を出しているかを確認できるページです。

押さえている場所だけでなく、アップ/ダウンストロークや、奏法なども表示されます。鍵盤で演奏したコードについても、自然なギターのボイシングに自動変換して演奏してくれるので、ギターの押さえ方を知らなくてもギターの演奏を簡単に再現できます。

(4)セッティング(Settings)ページ

20150330_electri6ity_4

かなりギターマニアな人向けのページです。

100種類以上あるELECTRI6ITYの細かいパラメータを調整できます。しかも、パラメータをCCやキースイッチに割り当てて、演奏中に変化させるという裏技もできてしまいます。これを使いこなせれば、マニアの中のマニアと呼んでよいでしょう。

まとめ

Electri6ityは、楽曲で重要な「ギター」について、十分すぎるくらいカバーしてくれる救世主的な音源といえます。他のギター音源と比べて、収録ギター数も、対応する奏法も、カスタマイズ性も何から何まで突出しています。

デモ演奏からも分かるように、ソロからバッキングまで十分実用に耐えるクオリティの音を出せます。

ギター演奏ができない人だけでなく、ギター演奏ができる人にもぜひおすすめしたいギター音源です。楽曲のクオリティアップにつながる、即戦力の音源になってくれます。

おすすめです!
Amazon