フリーVSTエフェクトBEST8【最低限入れるべき!厳選プラグイン】

 フリーのVSTエフェクトはたくさんありすぎて、どれを入れるべきか悩みますよね。使えないプラグインも多くあり、1つ1つ検証するのは大変だと思います。また、面白い効果があっても、実際のMIXで使いづらいものは入れておいてもあまり意味がありません。

 今回は入れておいてまず間違いない、おすすめのフリーVSTプラグインBEST8をご紹介します。基本的なエフェクトはこれで一通り揃います。

1.Density mkⅢ(コンプレッサ)

Density mkⅢ(コンプレッサ)

(1)Density mkⅢでできること

 コンプは、音を大きくするフリーのVSTプラグインです。音量を圧縮して持ち上げることにより、音量の不安定さや音が小さい問題を解決できます。まさに万能のコンプで、MS処理(「モノラル成分」(中央から聴こえる音)と「ステレオ成分」(左右から聴こえる音)を分離して扱える)や、サイドチェインなどにも対応しています。

 機能はもちろんですが、画面がかっこよくて、操作性が優れている点も魅力的です。

(2)Density mkⅢの使い方

 基本的に、各トラックの先頭に刺します。次の2つだけで基本的な調整が十分できます。プリセットが楽器別に入っているため、プリセットから選ぶだけでも使えます。

◯初心者向けのパラメータ
・MAKEUP・・・音量を増幅する量
・DRIVE・・・音量を圧縮する比率(音の潰れ具合を調整できます)

◯中級者以上向けのパラメータ
・TIMING・・・アタック(かかり始め)とリリース(かかり終わり)のタイミングを調整。
・DRY/WET・・・原音(元の音)とコンプがかかった音の比率を調整できます。
・COLOR・・・音の明暗を調整できます。

「Density mkⅢ」のダウンロードはこちら

2.Electri-Q(イコライザ)

Electri-Q(イコライザ)

(1)Electri-Qでできること

 EQは、低音・中音・高音の音量の調整ができるVSTプラグインです。非常に高機能で、バンド数(操作点の数)を無限に増やせる点が人気です。

 EQのタイプも、アナログ、デジタル、リニアフェイズから選ぶことができます。見た目が分かりやすく、操作もシンプルで使いやすいです。

(2)Electri-Qの使い方

 各トラックのコンプの直後に挿して使います。初心者はブースト方向で使用しがちですが、カットする方向で使った方がよい仕上がりになります。

低音カット:各トラックの耳では聴こえない低音をカットすることで最終的な音圧を稼ぎやすくします。
帯域カット:ブーストすると耳障りになる帯域をカットします。(-3dbくらいが良いです)

「Electri-Q」のダウンロードはこちら

3.SPITFISH(ディエッサ)

SPITFISH(ディエッサ)

(1)SPITFISHでできること

 耳障りな「歯擦音(さしすせそ)」「息の音」の音量を軽減できるフリーのVSTエフェクトです。ボーカル処理には必須のエフェクトです。あるのと無いのとでは大きく仕上がりが変わってきます。一度使うと手放せなくなるでしょう。

(2)SPITFISHの使い方

◯初心者向けのパラメータ
 プリセットとして次のものが用意されているため、選択するだけでOKです。

・female voice (soft)・・・女性用(かかり具合はソフト
・female voice (hard)・・・女性用(かかり具合は強力
・male voice (soft)・・・男性用(かかり具合はソフト
・male voice (hard)・・・男性用(かかり具合は強力

◯中級者以上向けのパラメータ
tune・・・歯擦音の発生帯域を指定します。(listenでその帯域の音のみを確認できます)
sense・・・検出感度です。max当たりにして大丈夫だと思います。
depth・・・歯擦音を圧縮する量です。一番聴きやすいように適度な値を設定します。

「SPITFISH」のダウンロードはこちら

4.A1StereoControl(ステレオイメージャー)

A1StereoControl(ステレオイメージャー)

(1)A1StereoControlでできること

 音のステレオ感(広がり)を調整できるフリーのVSTプラグインです。視覚的にもわかりやすいのでおすすめです。

(2)A1StereoControlの使い方

 たくさんパラメータはありますが、使用するのは基本的に次のパラメータだけでOKです。
Stereo Width・・・ステレオ感を広げたり、狭めたりできます。

「A1StereoControl」のダウンロードはこちら

5.GLACEVERB(リバーブ)

GLACEVERB(リバーブ)

(1)GLACEVERBでできること

 カラオケのエコー効果が得られるフリーのVSTプラグインです。ボーカルはもちろんのこと、各楽器にも薄くかけることで、各トラックの音が馴染みます。プリセットが充実しており、簡単に様々な環境を再現できます。

(2)GLACEVERBの使い方

 プリセットから選ぶだけで使えます。
・ルーム
・スタジアム
・大聖堂など

「GLACEVERB」のダウンロードはこちら

6.REFLEX free(ディレイ)

REFLEX free(ディレイ)

(1)REFLEX freeでできること

 山に向かって「ヤッホー」と叫ぶと遅れて声が聴こえる山彦効果が得られるVSTプラグインです。シンプルですが、扱いやすいパラメータが並んでいます。

(2)REFLEX freeの使い方

Decay・・・ディレイの強さを選べます。
Size・・・空間の広さを選べます。
MIX・・・原音とディレイ音の比率を指定します。

「REFLEX free」のダウンロードはこちら

7.W1 Limiter(マキシマイザ)

W1 Limiter(マキシマイザ)

(1)W1 Limiterでできること

 マキシマイザは、マスタートラックの最終段に挿して曲全体の音圧を底上げする、必須のVSTエフェクトです。プロ御用達のWavesのL1をそっくり再現したものになっています。

 フリーなのに、簡単に音圧を上げて迫力を増すことができる、非常に人気の高いプラグインです。

(2)W1 Limiterの使い方

Threshold・・・値を小さくすると音圧が上がります
Ceiling・・・最大音量。-0dbでは音割れが発生する可能性があるため、-0.1dbに設定します。

「W1 Limitter」のダウンロードはこちら

8.Blue Cat’s FreqAnalyst(アナライザー)

Blue Cat's FreqAnalyst(アナライザー)

(1)Blue Cat’s FreqAnalystでできること

 アナライザーは、曲の帯域の音量感を視覚的に表示するフリーのVSTプラグインです。見やすく使いやすい画面デザインになっています。

(2)Blue Cat’s FreqAnalystの使い方

 EQで音をカットする際に参考に見ます。例えば、突出している帯域は音圧稼ぎの弊害になるため、その帯域をEQで削ります。

「Blue Cat’s FreqAnalyst」のダウンロードはこちら

まとめ

 以上、フリーのVSTプラグインをご紹介しました。いずれもフリーとは思えないほど高機能で、とても使いやすいプラグインです。あなたの楽曲制作を、より強力にサポートしてくれること間違いなしです!