「ニコニコ動画」はなぜ人気?【コメントによる「仲間意識」と「感動」の共有】

 なぜニコニコ動画がこんなにもブームになっているのか、というテーマについてニコニコ動画と他動画サービスの特徴の違いも交え、分かりやすく考察していきます。

1.「ニコニコ動画」と他動画サービスの違い

 「ニコニコ動画」と「YouTube」を比べてみましょう。プロ・アマ問わず動画を投稿することができ、自由にコメントが付けられる点ではさほど違いはありません。

 大きな違いは、コメントの見せ方です。YouTubeでは動画の下部にコメントを投稿するスペースがあるのに対し、ニコニコ動画では動画の上をリアルタイムでコメントが流れていきます。例えるなら、皆で集まってDVDを鑑賞しているような感じです。YouTubeは、視聴後に「あのシーンかっこよかったね」等と感想を述べ合うのに対して、ニコニコ動画ではDVDを見ている真っ最中に「このシーンかっこいい!」「この俳優さん美人!」などと感想を口々に述べるイメージです。

2.「ニコニコ動画」のコメントシステムの利点

20150302_freely_tomorrow

 ニコニコ動画のコメントシステムは、動画を見ながら、視聴者が口々に感想を呟いていくスタイルです。視聴後に感想を述べるのよりも、より「皆で観ている」という仲間意識が生まれ、人々は更に楽しんで動画を視聴しようとするのです。ライブ会場で参加者が声を揃えて合いの手を入れたりすることによって、非常に盛り上がるのと似た原理です。

 そして、人は「共感」を得たがる生き物です。一人で動画を見ているときは「このシーンかっこいい!……でもそう思ってるのは自分だけなんだろうなあ」と思うこともあると思います。そんなときに「このシーンかっこいいな!」などというコメントを目にしたら安心するし、嬉しくなりますよね。また、そのコメントを沢山の人が読むことで「確かにこのシーンかっこいいな」と、シーンの魅力に気付かなかった人達に魅力を意識させる機会にもなりえます。

 たくさんの人と一緒に動画を見ている連帯感や、感動を共有できるといった利点はニコニコ動画のコメントシステムだからこその物でしょう。

3.「ニコニコ動画」のコメントシステムの欠点

20150302_aredouga

 例えば、テレビのクイズ番組ですぐに答えを口に出して騒ぐ人や、好きなアイドルが出ているからといって過剰に騒ぐ人は煙たがられますよね。ニコニコ動画は、家で家族や友達とテレビを見ているときよりも、遥かにたくさんの人数が見ているわけですから、そういった空気の読めない人の数もいます。

 「利点」でも述べたように、ニコニコ動画のコメントシステムは仲間意識を生むので、空気が読めない人同士で仲間意識が生まれてしまい、手がつけられないほど調子に乗って騒いでしまうことも少なくありません。そしてそれを良く思わない人と争いになり、コメントで喧嘩が勃発するケースが非常に多いです。

 ニコニコ動画のコメントは匿名性が高いので、思ったことをそのままコメントしている人が多いです。中には平気で暴言を吐く人もいますし、その暴言に対して更に暴言を吐く……という、見るに堪えない事態になることもあります。匿名性が高く、思ったことを素直にコメントしやすいというのは良い方向に働くこともあれば悪い方向に働くこともある……ということですね。

4.まとめ

 ニコニコ動画の人気の秘訣は視聴者同士で「仲間意識」や「感動」の共有ができる点です。その反面、争いが起こりやすいという性質も持っています。人間が集まっている以上、争いを100%防ぐ方法はありません。こればかりは視聴者が争いを見なかったことにするか、悪質なユーザーをNG登録してしまうほかにないでしょう。

 「皆で観ている」感覚を共有できるニコニコ動画は、視聴者の間で感動が生まれることもあれば、視聴者同士で喧嘩になってしまうこともあります。そのリアルさがかえって、人気を生んでいるのかもしれません。